So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

鍍金の妖精 [ホットウィール]

六つ足の妖精に続いて、今宵も熱輪グレムリン。

IMG_9190.JPG
IMG_9192.JPG
GREMLIN GRINDER (1976年、香港製)
デザイナーはLarry Wood。75年から77年まで生産されました。

IMG_9216.JPG
75年の初版はグリーン。今回捕獲したのは、76年に発売されたクローム&レッドライン・ホイールの個体です。2008年にはRe-Tooledバージョンが発売されました

IMG_9238.JPG
OPEN FIRE GREASED GREMLINと、グレムリン三部作が揃い、至福の一枚。すべてワイキキ様のおかげです(多謝!)

IMG_9193.JPG
IMG_9195.JPG
GREMLIN GRINDERとOPEN FIREを見比べて思ったのだけど、キャビンから後ろの造形はそっくり。

IMG_9196.JPG
IMG_9197.JPG
裏板も後部は似てるんですよね。

勿論、よく見ると別キャストなんですが。40数年後に並べて愉しむマニアのことまで考えてくれたとは、さすがラリー御大ww

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六つ足の妖精 [ホットウィール]

今年の賀状に起用したホット・ウィールのOPEN FIRE。熱輪については素人同然ですが、念願かなった嬉しさに、少しだけ語らせていただきます。

IMG_9189.JPG
IMG_9191.JPG
OPEN FIRE(1972年、香港製)

モデルとなった実車は、猫の偏愛するグレムリン(機械に悪戯をする妖精、小鬼の意)。AMCの大衆車が、元GMのデザイナーでもあるPaul Tamの手によって、魅力的な熱輪に生まれ変わりました。

OPEN FIREは1972年、艶めかしく輝くスペクトラフレーム塗装を纏って誕生しました。カラーはこのローズと金、赤、青、黄の5種類。香港製のオリジナルは1年のみの生産でしたが、2008年にRe-Tooledバージョンが発売されました

IMG_9215.JPG
フロント延長&六輪、キャンディみたいな塗色・・・このセンスは当時の日本や欧州では生まれ難いものだったでしょうね。子供の頃の猫が出会っていたとしても良さが理解できたかどうか(汗)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



Hot Wheels: 40 Years (Hot Wheels (Krause Publications))

Hot Wheels: 40 Years (Hot Wheels (Krause Publications))

  • 作者: Angelo Van Bogart
  • 出版社/メーカー: Krause Pubns Inc
  • 発売日: 2007/10/26
  • メディア: ハードカバー

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

妖精と踊る元旦 [ホットウィール]

玩朋の皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

WS000012.JPG

つい先日、同志ワイキキ様の御協力で捕獲した、六つ足の妖精(OPEN FIRE)。あまりの嬉しさに急遽、賀状のモデルに起用しました!

熱輪のGREASED GREMLIN捕獲の折、いつか残る二体も召喚したい・・・と書きましたが、思わぬ短期間で実現!本当にありがとうございました!

実を言えば、三体揃い踏みの賀状もつくったのだけど、いまひとつ満足できなかったので投函後、ブログ用にOPEN FIREをピンにして再製作。GREMLIN GRINDERには、また今度、主役を飾ってもらおう。

昨年の玩車界は胸いたむ出来事が相次ぎましたが、本年は皆さん健康で玩車道を邁進できますよう願っております。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



ホットウィール・カルチャー―ビジュアルで振り返るホットウィール40年の歴史 (NEKO MOOK (1118))

ホットウィール・カルチャー―ビジュアルで振り返るホットウィール40年の歴史 (NEKO MOOK (1118))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2008/06/01
  • メディア: ムック

nice!(4)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -