So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

マッチボックスのトラクターショベル [マッチボックス]

もはや誰得なのか分からないマッチボックスの働くクルマ紹介第3弾。今回の御題は「トラクターショベル」

トラクターショベルの定義なんて考えたこともなかったけど「前方にパワーショベルやバケットを備えた四輪駆動の特殊自動車」・・・で、あるらしい(建機者の解説求む)

1970年以前のマッチボックスで「Tractor Shovel」の名称を持つモデルは、レギュラーサイズのNo.43-Bと69-B、キングサイズの K-10-Aの計3種類。

IMG_9640.JPG
IMG_9642.JPG
Aveling Barford Tractor Shovel (No.43-B、62年発売)

IMG_9641.JPG
IMG_9643.JPG
カラバリもあるでよ。

黄色や赤の原色とは言え、オペレーターが造形されているのが、ほのぼのと和みます。

IMG_9645.JPG
IMG_9646.JPG
Hatra Tractor Shovel (No.69-B、65年発売)

ボディやショベル、ホイール、タイヤの色の組み合わせで8種類のバリが存在。

IMG_9647.JPG
IMG_9648.JPG
Aveling Barford Tractor Shovel (K-10-A、63年発売)

レギュラーサイズと同じ機種と思いますが、カラーの違いでだいぶ雰囲気が異なります。4種類あるバリのうち、金属ホイール&排気マフラーつきの最初期バリ。

IMG_9649.JPG
樹脂製のシリンダーで、ショベルを上げたまま保持できるのが、キングサイズならではの魅力。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マッチボックスのブルドーザー [マッチボックス]

市場のニーズをまったく無視して続ける、マッチボックスの「働くクルマ」紹介。今宵の御題はブルドーザー。

レズニー期のマッチボックスの建機への力の入れ方は半端なく、1956年の発売時から70年のスーパーファスト革命までの間、ブルドーザーだけで5種類も出ています。

猫が持っているのは3種類・・・ですが、全部揃うのを待っていると、いつUPできるか分からないので、とりあえずネタにしちゃいますね。

IMG_9631.JPG
IMG_9636.JPG
Caterpillar Bulldozer (No.18-B、58年発売)

56年発売の初代(No.18-A)に続く二代目。Caterpillar Tractor(No.8-B)にブレードを付けて商品化したため、初期バリでは底のナンバーがNo.8になっています。エンジン上部の排気マフラーとゴム製の履帯欠品。三代目のNo.18-Cは、ほぼ同じ造形で少し大型化しています。

IMG_9632.JPG
IMG_9635.JPG
Caterpillar Crawler Bulldozer (No.18-D、64年発売)

このモデルから、オペレーターの造形がなくなります。履帯は失われています。側面前端に「CAT D8」の刻印。

IMG_9633.JPG
IMG_9634.JPG
Case Tractor Bulldozer (No.16-D、69年発売)

着脱可能なプラ製屋根が備わります。スーパーファスト期には、例のかっとんでるような箱絵で売られましたが、中身はそのまま(だってキャタピラだもの)

No.16-Dには、オリーブドラブに塗られたバリも存在し、軍ヲタの心を刺激。また、キングサイズでも出ていて・・・どこから手を付けてくれようか(汗)

ちなみに、マッチボックスのブルドーザーの系譜は、No.16-Dが74年に姿を消した翌年、トンデモな形で受け継がれるのだけど、それはまた別の機会に。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マッチボックスのミキサー車 [マッチボックス]

ふと、来し方を振り返ってみれば。一年以上もの間、まともにマッチボックスをネタにしていないことに気づく(汗)

マッチ者を標榜しておきながら、それはどーよ・・・という訳で、今回の御題はレギュラー・ホイール期のミキサー車。

IMG_9620.JPG
IMG_9621.JPG
Cement Mixer (No.3-A、1953年発売)

・・・・・・これ、ミキサー車ちゃうやん!ただのミキサーやん!!という突っ込みは、キコエナイ、キコエナイ。だってほら、車輪が付いてるし。

マッチボックスの最初期モデルのひとつ。なかでも後部に細い取っ手のついた初期バリエーションですが、残念なことに手回しハンドルが欠品しています。

レズニーはマッチボックス登場前の49年、同じタイプの手回しミキサーを大きなスケールで発売しており、マッチボックスのNo.3-Aは、それをスケールダウンしたものです。

IMG_9622.JPG
IMG_9623.JPG
Concrete Truck (No.26-A、56年発売)

金属ホイールの初期バリエーション。ほかにプラスチック・ホイールの色(濃・淡グレー、シルバー)やグリルの色(金or銀)などで計7種類のバリがあります。

IMG_9624.JPG
IMG_9627.JPG
Foden Concrete Truck (No.26-B、61年発売)
プラスチックの薄グレーのホイールの中期バリ。

IMG_9625.JPG
IMG_9626.JPG
黒ホイールの後期バリ。

ミキサーは画像のオレンジの他、グレーが存在。プラホイールのカラバリなどで計10種類のバリがあります。

IMG_9628.JPG
IMG_9629.JPG
Foden Concrete Truck (No.21-D、68年発売)

車輪の数が2、4、6と増えてきて、ついに8輪。バリは5種類ですが、ホイールやボディの色など外見上の大きな差異はありません。70年にはスーパー・ファストに改修されました。

IMG_9630.JPG
レギュラー・ホイール期のミキサー車は上記の4種類の他、キング・サイズでも出ていますが未入手。No.3-Aの完品とともに、今後の課題です・・・(遠い目)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -