So-net無料ブログ作成
検索選択

マツダ者でアバルト萌えだから [トミカ]

断じてトミカ者ではない・・・筈のねこざかな。
されど、一昨日の「トミカの日」だけは、後れを取るわけにはいきませんでした。

IMG_8744.JPG
IMG_8749.JPG
アバルト124スパイダー 初回特別仕様

IMG_8747.JPG
IMG_8748.JPG
アバルト124スパイダー 通常品

トミカの「初回特別」は、気合の入ったものと、そうでないものがありますが、
今回のアバルトは明らかに前者。

2016-03-01_Geneva_Motor_Show_1219.JPG
FIA R-GTカテゴリに合わせた仕様の「アバルト124スパイダー・ラリー」をモデル化。
カラーだけではなく、ボディや窓パーツの型自体が異なります。

IMG_8754.JPG
具体的には、着脱式ソフトトップから、エアインテーク付きのハードトップに変更。
補助灯増設、ヘッドライト下のインテーク、ロールケージ再現等。

ゼッケン類はシールなれど(貼ってない・・・)通常品とは手の込み具合が違います。
激しい争奪戦を予想し、闘志を燃やしていましたが、生憎、当日は仕事。

朝イチに玩具屋に駆けつけるわけにはいかなかったので、
玩道の師匠にお願いして、なんとか一台確保(多謝!)

さて、アバルト124スパイダーの実車について。
四代目ロードスターをベースに開発されたフィアット124スパイダーの高性能版。

フィアット124はマツダ広島工場で製造されていますが、国内ではアバルトのみ発売。
エンジンはどちらもフィアットの1.4Lターボを載せています。

あれ?確かロードスターをベースにアルファロメオ・スパイダーをつくる筈だったよね・・・
ま、124スパイダーだって立派な名跡なんでキニシナイ。

元祖フィアット124スパイダーは1967年発売。デザイナーはピニンファリーナ。
現行スパイダー・ラリーの配色は、元祖へのオマージュですね。



マツダ者としては、ベース車のロードスター(のトミカ)とも並べてみずにいられない。
IMG_8756.JPG
えーと、なんかロードスター短くね?メーカー公称スケールは同じ1/57なんだけど・・・

と、思ったら実車の全長も、アバルト124スパイダーの方が長かったのね。
124スパイダー=4060mm、ロードスター=3915mm。デザインもまったく違うわ。
IMG_8758.JPG

全長比での実測スケールは124スパイダー=1/56.4、ロードスター=1/57.6。
このくらいなら誤差の範囲やね。疑って御免、トミカ(汗)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー (初回特別仕様)

トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー (初回特別仕様)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー (箱)

トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー (箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


FIAT&ABARTH MAGAZINE(フィアット&アバルトマガジン) (NEKO MOOK)

FIAT&ABARTH MAGAZINE(フィアット&アバルトマガジン) (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2016/10/31
  • メディア: ムック

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

1275GT

う~ん、と考える間もなく密林へ直行(笑)
アバルトエッセンスは溢れているんだけどなぁ・・・
まぁ、実車もそういう雰囲気ですが(諦)
by 1275GT (2017-04-22 09:40) 

ねこざかな

>> 1275GT様
もう少し値がこなれたら、プレ価でも追加したいな、と思ってます。
ただし実車は、アバルトよりロードスターの方が好みかな。
小さい方が正義という軽戦至上主義にいまだ捕らわれています(汗
by ねこざかな (2017-04-22 20:16) 

Ponys41

これは通常版・初回限定共々気合が入ってますよね。
マスタングもそうでしたが、初回限定で別金型ってペイする
んでしょうかね・・・。

ミニカーは素晴らしいのですが、予約で完売とか、新製品の
発売前にプレ値とか、周辺的な状況は余り感心出来ないな~
と思う今日この頃です。
by Ponys41 (2017-04-24 00:24) 

ねこざかな

>> Ponys41様
猫の棲む地方都市でも、人気車種の初回限定は、
入手し難くなってきています。

別金型、これだけではペイするか疑問ですが、
コペンXPLAYみたく、セットもの等に登場させるの鴨。
by ねこざかな (2017-04-24 04:53) 

第三波平

(廃車置場のファミリアを見ながら)
124「おおっ!こんなところにお姉さんが!」
500「これがお姉さん?」「そうだよ」
貴島孝雄「私が作ったファミリアとロードスターを・・お兄さんお姉さんと呼ぶ・・・君は誰だ?」
それは、さておき(またしてもお久しぶりの古いネタになってしまった)。

124ラリーが参戦しているのがFIAでいうR-GTクラスなんですが、これが奇しくもトミカ10番のエキシージと同じ、世が世なら競合していたんだろうなあと。

金型はコンピューターで作れるようになったので、昔よりも償却が早くなってますからねえ。
7月のNV200タクシーも初回が国内Ver.(レギュラーはニューヨークタクシーです)、8月がインプレッサの4ドアセダン(レギュラーはハッチバック)なんで、あまりやられるとこっちが心配になってきます。
by 第三波平 (2017-05-20 20:12) 

ねこざかな

>> 第三波平様
さんご 「何やってるんですか?」
鳥坂 「おおさんごか!イタ車勝負である!」
鳥坂 「広島工場でアバルトが作れるのか!
    マツダの新たな地平を切り拓く闘いである!」

それは、さておき。

NV200タクシーもさることながら、インプは大胆な金型違いですね!
トミカの日の勤務が気になるお年頃(50前ですが、なにか?)
by ねこざかな (2017-05-25 01:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。