So-net無料ブログ作成

ラピュタの島へ [その他]

春休みなのでどっか連れてけ!と子供たちが騒ぐので、趣味全開の家族旅行へ。

紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島。明治から大戦中に掛けて要塞化され、当時の砲台の跡がいくつも残っています。近年、「ラピュタの島」として注目を集めており、軽度の軍オタ&遺構萌えの猫は、いつか行きたいと思っていたのです。

IMG_9391.JPG
第二砲台跡

IMG_9390.JPG
終戦時に爆破処分された建造物の裂け目から海を望めます。

IMG_9401.JPG
第一砲台跡

IMG_9406.JPG
桜のシーズンなので、「ラピュタの島に花の散るらむ」的な写真を狙ったのですが・・・桜は少なく椿が目立ちました。

IMG_9453.JPG
第三砲台跡

IMG_9437.JPG
円形の窪みは砲座の跡。

IMG_9449.JPG
真っ暗なトンネルや弾薬庫もあってプチ迷宮の様相。子供が飽きなければ何時間でも彷徨いたかった。

4時間ほど滞在、3.3kmのコースを辿りました。これくらいの距離なら楽勝!と考えていたのだけど、高低差が大きく、結構な運動に(汗)

今回、徳島からフェリーで和歌山に渡り、一泊二日で白浜も回ったのですが、ミニカーどころかチョロQやくるっぴーにも出会えずじまい(涙)。玩車成分のない回ですみませぬ。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



一度は行きたい「戦争遺跡」 (PHP文庫)

一度は行きたい「戦争遺跡」 (PHP文庫)

  • 作者: 友清 哲
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 文庫

nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

忘れられた警官 [その他]

いささか失敗した前回のブツと同時に捕獲したメルカリ案件。
みんなが知ってる超メジャーなマクドナルドのキャラクター玩車。

IMG_9334.JPG
・・・え、こんなキャラ知らん、て。
見たことない、て(涙)

IMG_9332.JPG
IMG_9333.JPG

まあ・・・それも仕方ない鴨。このキャラクター「ビッグマックポリス」は、1970-80年代に使用されましたが、ここ20年程は殆ど表舞台に出てきていません。2014年にLINEのスタンプが配布されたので、完全に存在が抹消されている訳ではないようですが。

悪戯をしたハンバーグラーをドナルドが捕まえ、ビッグマックポリスが連行するという役回りだったそうな。リストラの理由は諸説ありますが、やることなくなったのならハンバーガーキッドの従兄弟としてアンパンマンに出演すればいいのに。

このプルバックカーは85年頃、ハッピーミールのおまけとして、ブリスター入りで配布。ビッグマックポリスのほか、ドナルド、ハンバーグラー、バーディーの計4種類がありました。

日本でハッピーセットの前身である「お子さまランチ」が登場したのは87年なので、国内では販売されなかったと推測。製造はアーテル、香港製と中国製があります。

IMG_9337.JPG

もうひとつセットで捕獲したのが、こちらのカーネルおじさん。

IMG_9335.JPG
IMG_9336.JPG

裏に「KFCJ」と刻印されているので、日本国内で配布されたものと思われます。言われてみれば、鳥山明の漫画に出てきそうなキャラ・デザインも、実に日本的でありますな。生産国不明。

いずれも全長は5センチ程度。二台合わせて送料込み566円てのは、ねこざかな的に大勝利でしたww

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


タグ:おまけ
nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アイアンレーサー [その他]

浪花の京商シリーズをプレゼントしてくれた救急玩車コレクターのS様から、今度は想像のナナメ上を逝くユルが届きました(多謝!)

懐かしいような、かえって新しいような・・・

IMG_9130.JPG
IMG_9131.JPG
その名も「プルバックアイアンレーサー」

名前に偽りなく、ボディは鉄・・・そう、所謂「ブリキのおもちゃ」です。

小学生の頃に親しんだ昭和感あふれるブリキ玩車が、いまだ製造されていることに驚くべきか。

それとも、モナカのようなボディをそれなりに格好よく見せる、21世紀のプリント技術を称えるべきか。

製造は中国。大阪の「甲山屋」という会社が輸入販売。

IMG_9137.JPG
車種の同定を頑なに拒む・・・というか、ストッキングを被ったような変態チックなお顔。フェラーリとランボルギーニを足して二で割ったようなエンブレムについてはスルーしておこう。

IMG_9139.JPG
my17_r8_top_ga01_jpg_resize_maxWidth=1180.jpg
一方、サイドから見たフォルムは、アウディR8に似ている・・・と思うのは、ユルコレクターの欲目でしょうか。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グリルって大事だよね [その他]

喩えるならば。

トヨタとダイハツのどちらかを買えと迫られたヒネ猫が、マツダを買おうとしたら社長がダイハツに身売りしやがった(憤)とか。

居酒屋で「キリンですか?アサヒですか?」と訊かれ、いいちこを注文したところ、アサヒとちゃんぽんで出してきた(怒)とか。

もやもやとした気分が晴れないまま、選挙が近づく今日この頃(各メーカーのファンの方、あくまで喩だからねー)

前フリと全く関係ないけど、「浪花の京商」も今回で大トリ。

IMG_9092.JPG
IMG_9093.JPG
アストンマーチン One-77

アストンマーチン独特の微妙な形状のフロントグリルが、ただの楕円になっているので些か悩みました(ワイキキ様、御助言多謝!)。つか、そこで手抜きしちゃだめでしょー。

実車は2010-12年の間、77台限定で販売。価格は約1億5000万円。

ドバイ警察は、One-77をさらにカスタマイズした世界に7台の「One-77 Qシリーズ」(3億円)をパトカーとして配備しています(遠い目)



ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



AUTOart 1/18 アストンマーチン ONE-77 (ブラック)

AUTOart 1/18 アストンマーチン ONE-77 (ブラック)

  • 出版社/メーカー: オートアート
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高まる難易度 [その他]

浪花の京商」スーパーカー・コレクションの御紹介も残すところ2台。日本メーカーの車(米国製だが)もリリースしてるんだね。偉いぞ、ベル玩菓ww

IMG_9087.JPG
IMG_9097.JPG
ホンダ NSX

2016年発売の二代目NSX。ただ・・・知識不足に加え微妙にユルなので、コンセプトカーと市販車のどちらをモデル化したのかは分かりかねます(御意見希望)



市販車の価格は税込2370万円。残念ながら、ドバイもアブダビもパトカーに採用していない・・・ここはひとつ、栃木県警に漢気を見せてもらいたいものです(笑)



ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)

トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

タグ:NSX ホンダ
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車は見た目で100パーセント [その他]

昨日のBMW i8もそうでしたが、個性的なグリルを持つクルマは、ユル玩車になっても判別が容易で助かります。

IMG_9088.JPG
IMG_9096.JPG
ブガッティ・ヴェイロン

浪花の京商=ベル玩菓の扱う「エクストリームドライブ」シリーズでは唯一、グリル部分を別パーツを用いて再現。無版権といえど、力を入れるべき所は分かってるんだなあ・・・と感心。

実車は2005年発売。クーペ300台とオープントップの「グランスポーツ」150台を完売して15年に生産終了。8L16気筒4ターボチャージャーで、最高出力は1001PS。最高速度は407km/h。

発売時の国内価格は税込1億6300万円。当然のごとく、ドバイ警察に配備されています。



ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



Bugatti Veyron: A Quest for Perfection - The Story of the Greatest Car in the World

Bugatti Veyron: A Quest for Perfection - The Story of the Greatest Car in the World

  • 作者: Martin Roach
  • 出版社/メーカー: Preface Publishing
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: ハードカバー

タグ:ブガッティ
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ノーブランド豚鼻 [その他]

今日も今日とて、無銘無版権のユル玩車を御紹介。

IMG_9090.JPG
IMG_9094.JPG
BMW i8

もはや腎臓(キドニー)にも豚の鼻にも見えない変形グリルだけど、一目でBMWと分かるアイコンを持つのは老舗メーカーの強み。

実車は2014年発売のPHEV。国内価格は2029万円。こやつもドバイのパトカーに採用されています。



ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



トミカ No.17 BMW i8 (初回特別仕様)

トミカ No.17 BMW i8 (初回特別仕様)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

タグ:BMW
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

牛馬相搏つ [その他]

たとえそれが無版権の中華ユルであろうとも。
馬(フェラーリ)を出しておいて、牛(ランボルギーニ)を登場させぬ訳にはいくまいよ。

IMG_9091.JPG
IMG_9095.JPG
ランボルギーニ・アヴェンタドール

ヘッドライトが小さくて形も変とか、リアの造形がいい加減とか、言いたいことは多々ありますけど、無闇とカクカクした造形は、近年のランボルギーニ以外の何物にも見えません。

とは言え、近くのコンビニの駐車場に、アヴェンタドールとウラカンとレヴェントンが並んで停まってたら、判別する自信は全くありませんが(そんなシチュエーションねーよ)


実車は2011年発売。日本での

当初の価格は4100万円余り。ドバイではパトカーに採用されています。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



トミカ No.87 ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4ドバイ警察仕様(箱)

トミカ No.87 ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4ドバイ警察仕様(箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浪花の京商 [その他]

「浪花のモーツァルト」と言えば、世界に冠たるキダ・タロー先生の二つ名ですが、まさに彼の地の玩朋から、「浪花の京商」とでも呼ぶべき、魅惑のスーパーカー・コレクションを頂きました。

IMG_9086.JPG
どこにも跳ね馬のエンブレムは見当たりませんが・・・これってフェラーリ458イタリアですよね(笑)

IMG_9098.JPG
少々太めなユルだけど、他人の空似とは言えないレベル。



実車は2009年から15年まで生産。V8ミッドシップの、所謂「スモール・フェラーリ」だけど、4.5Lの578PSで、税込2830万円のどこがスモールやねん・・・と呟く小市民。

IMG_9084.JPG
パッケージはこんなの。無銘の中国製で、東大阪市のベル玩菓という会社が輸入販売。

シリーズ名は「エクストリームドライブ」。台紙には「もっとミニカーにワクワクしよう!」とも書かれていますが、こちらとしては、いつフェラーリから訴えられるかとワクワク・・・もとい、ドキドキしています(爆)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



オートカージャパン別冊フェラーリ458イタリアブック [雑誌]

オートカージャパン別冊フェラーリ458イタリアブック [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/12/03
  • メディア: 雑誌

タグ:フェラーリ
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

火の鳥の帰属 [その他]

引き続きまして、まとめ買い玩車のアメ車を御紹介。今回は猫でも分かる超メジャー級。

IMG_9074.JPG
三代目ポンティアック・ファイヤーバード

IMG_9076.JPG
手堅い造形だけど、リアスポイラーがないので、いまいち迫力不足。裏板には、No 106とのみ記載されています。


さて、肝心のブランド。前回のオムニ024同様、トートシーあるいはソーマ、という確証が得られませんでした。あるブランドから出ていたキャストでも、必ずしも常にそのブランドで売られている訳ではないという、中華玩車あるある(苦笑)。引き続きの宿題とさせてください・・・

追記  Dictionary of unsigned toy cars に、フェイエのホイールを10点追加しました。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



Pontiac Firebird: 50 Years

Pontiac Firebird: 50 Years

  • 作者: David Newhardt
  • 出版社/メーカー: Motorbooks
  • 発売日: 2017/01/01
  • メディア: ハードカバー

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー