So-net無料ブログ作成
キントーイ ブログトップ

バン・アレン帯みたび [キントーイ]

今年も近付いてきました、バン・アレン帯のお誕生日。
つーわけで今回は、わが家の政治将校殿から支給されたレーションのお話。

フェリシモをこよなく愛する彼女の選択は、今年もマイアーニのFIAT復刻
IMG_3775.jpg
チョコレート六粒に、ミニカーとストラップのチンクェチェントが付属します。
・・・・・・こうなると、どっちがおまけだか分かりませんね(苦笑)

IMG_3778.jpg
IMG_3794.jpg
ミニカーは、08年についてきた緑のキンマートの色&幌違いだけど、
ストラップは昨年とまったく同じ・・・ちょっと手ぇ抜いてないか、フェリシモ。
IMG_3782.jpg

百貨店の店頭で買うと、新型チンクも選べるみたいで羨ましい。
まぁ・・・ミニカーだけなら、楽天ででも買っとけばぁ、って話なんですが(爆)

ついでに「チャーリーとチョコレート工場」に登場するウォンカのトラックも御紹介。
どうしても缶が欲しくて、将校殿におねだりしたのは内緒(汗)
IMG_3784.jpg
IMG_3788.jpg
全長27.5cmのトラック缶、紙モノ収納に重宝しています。

ウォンカの味は、どうも甘すぎ。やっぱチョコは日本製が美味しいよねぇ。
・・・・・・なんてゆってると、ウンパ・ルンパに襲われるかも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



チャーリーとチョコレート工場 特別版 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

バン・アレン帯のお誕生日 [キントーイ]

「この行事はそもそも昭和21年の今日、進駐軍のバレンタイン少佐が
子供たちにチョコレートを配ったという故事に由来しているのだ」

「2月14日に『ぎぶみーちょこれーと』ととなえると、なぜかチョコレートが・・・・・・」
現れるかどうかはともかく(あ~る読んでない方、すみません)

「そりゃあ、バレンタインデーだもの」とゆーわけで、一足早く、政治将校から支給を受けました。
10年以上も夫婦やってると、互いの嗜好はまるっとお見通しなわけで(笑)

将校殿が、日夜愛読しているフ〇リシモの通販カタログで発見。
FIATのロゴが入った缶の中に、ミニカーとチョコレート数粒が入っています。

チョコレートは、フィアット社が1911年、新型車「タイプⅣ」のプロモーション用として、
ボローニャのパスティチェリア「Majani」に製作を依頼したフィアット・クレミーノ・チョコレート。

お味は・・・ヘーゼルナッツやアーモンドの風味が豊かで、甘さは控えめ。
クレミーノ、ノワールともにやみつきになる美味。当日を待たず食べ尽くしてしまいました(汗)


同梱のミニカーはタイプⅣではなくて、超メジャーなFIAT500チンクエチェント。
中国製キンマートのプルバックつき。裏板に1/48と刻印されているけど実質1/44くらい。

玩具然としたメッキパーツのライトが、いささか残念な気もしますが、
内装を犠牲にせずプルバック機構を備える、キンマートの姿勢には好感が持てます。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪

究極超人あ~る (1) (小学館文庫)

究極超人あ~る (1) (小学館文庫)

  • 作者: ゆうき まさみ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 文庫


どっちの玩車ショー BMWミニクーパー編 ファイナル~後編 [キントーイ]

高額品に続き、小スケールBMWミニクーパーの通常品(500円以下)を比較~。
(スケールは、裏板に刻印のある場合のみ記載。価格は定価、または大体の店頭価格)

手元に集まったのはトミカ、HW、シク、リアルトイ、ウェリー、モーターマックス、マイスト、
魔女、キンマート、MBの10ブランドなので、10台比べればいーや、と思った私が甘かった(汗)

ウェリーにはプルバックつきのver.もあるし、魔女は途中で仕様が簡素化されている。
おまけに、シクと魔女には別キャストでコンバーチブルが出ている始末・・・。

収拾がつかなくなったので、コンバーチブルは次回に回します。
また、魔女の仕様や、各モデルの価格等は、現時点で入手容易なものを基準とします。

◎シク(ジク) (270-440円)

コストカットあるいはプロポーション重視の風潮のためか、
ギミックを廃するメーカーが多いなか、ドア開閉機構を備えているのに好感。

まじめな造りに定評のあるシクだけあって、ドアミラーや専用ホイール、
プラ製のライトパーツなどを装備。裏板に書かれた実車のスペックも嬉しい。

◎トミカ 1/57 中国製 378円

リミテッドとして設計されたためか、近年のレギュラー品としては珍しくドアミラー装備。
一方で、トミカの定番ギミックと言えるドア開閉機構はなし。

リミテッドに比べるとライトのタンポ印刷、細部の塗装が省かれていますが、
細やかなモールドと、それを引き立てるメタリック塗装で、ぬるい印象はありません。

◎マジョレット 1/56 (290-330円)

ピラー下端までのボディに、プラ製の窓パーツ、屋根パーツを重ねる重箱のような製法。
銀色の初期モデルは窓が濃いスモークで、内装がどうにか透けて見えていたのだけど

昨年購入した赤いモデルでは、窓が黒一色で、内装パーツは最初から付けられていません。
タンポ印刷も一切なくなってしまったし・・・300円で、この出来はつらすぎる(嘆)

◎マッチボックス 「ヒーローシティ」シリーズ 1/56 中国製 (300円前後)

このごろ西友で199円で買えるようになったマッチボックス。
2007年のラインナップにもクーパーSは健在なので、国内登場は近いかも。

折角のクーパーSのキャストですが、ルーフが細長い欠点に加え、
コレクティブルにはあるエアスクープの塗装や、タンポ印刷がなくなり、魅力を減じています。

◎ホットウィール マレーシア製 (300円前後)

HWとしては控えめながら、前後を切り詰めるデフォルメが施されています。
少しゴールドがかったイエローも、ホットハッチっぽい雰囲気を盛り上げていて◎

型の分割線がボンネットの目立つところを走っている上、グリルのモールドが塗料でつぶれ、
透明の窓パーツのゆがみは凸レンズのようですが・・・センスの良さは七難隠しますね♪

◎モーターマックス 中国製 200円

トイザらスなどの自動販売機で売られているモデル。タンポ印刷は一切なし。
モールドはそこそこシャープですが、ライトの塗りが小さいため三白眼に見えます。

また、これはマッチボックスにも言えることだけど、本来黒であるピラーが、
ボディと同色に塗られているため、引き締まった印象を欠きます。

◎マイスト 1/56 中国製 198円

昨年、ダイソーで105円で購入。しばらく見ないと思ったら、ホイール違いがジャスコでほぼ倍額。
105円なら許せることも、この値段では色々言いたくなるもので・・・。

魔女と同じく、内装のない重箱構造。一応、前後のエンブレムはタンポ印刷。
一番問題なのは、ライト周囲のモールド。空豆のような形状で、ミニが怒り顔に見えます。

◎ウェリー 中国製 105円

重箱構造ですが、窓パーツが透明で、室内もしっかり再現されています。
前後のエンブレムはタンポ印刷、ドアミラーも備えていて100円クラスとしては不満なし。

ウェリーのBMWミニには、プルバックゼンマイを備えたモデルも存在(200-250円)
ボディはノーマルと共通。裏板は変更され、タイヤはゴムになっています。

◎キントーイ 1/56 中国製 105円

これも重箱構造。タンポ印刷の緻密さはトップクラスで、ワイパーやドアミラーつき。
ライトにはプラ製パーツを奢り、リアガラスの熱線まで再現しています。

驚くべきことに、このディテール&価格で、プルバックゼンマイを装備!
もちろんタイヤはゴム。ホイールの再現度に、わずかに不満を覚える程度です。

◎リアルトイ 1/56 中国製 100円

昨年、近くのジャスコで100円で売られていたのに姿を消してしまった(涙)
現在はトイザらスで99円で購入可能。わずかに細部の塗装が変更、省略されています。

いかにもミニカー然としたホイールは賛否が分かれるところでしょうが、
タンポ印刷などの緻密さは、通常品カテゴリーではトップクラス。ドアミラーつき。

で、ねこざかなの結論。

トミカと大して変わらない値段で、出来はマイストという魔女は、どうにも褒めようがなし。
そのマイストにしても、内装なしだわ、ライトが変だわで、いいところがありません。

モーターマックスは、ピラーが太すぎて野暮ったい感じ。
同程度の価格で入手できるのであれば、MBの方がすっきりとした仕上がり。

ウェリーは可もなし不可もなし。リアルトイとシクは、価格を考えれば前者に分があるけど、
いかにもシクらしい手の込んだつくりに、つい採点が甘くなってしまいます。

あくまで手堅いトミカ、雰囲気重視のHWは、まず順当に上位を占めましたが、
一番すげぇ!と感じたのは、100円クラスでプルバック、フルディティールを実現したキントーイ。

戦前のシュコーやソリド、黎明期のコーギーを思い起こすまでもなく、
玩車にとって「走行」は、ある意味最強の付加価値だと、ギミック萌えの猫は思うわけです。

つーわけで、独断と偏見の通常品ランキングは↓
①キントーイ②トミカ③HW④シク⑤リアルトイ⑥ウェリー⑦MB⑧モータマ⑨マイスト⑩魔女

・・・・・・絶対にNEWビートル編なんてやらねぇ、と心に誓う今日この頃。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪


キントーイ ブログトップ