So-net無料ブログ作成
ベンブロス ブログトップ

珍玩堂主人 マッチボックスの馬車編 その1 [ベンブロス]

ミニカーのブログでなぜ馬車???まぁ、車輪ついてるし(笑)

右=マッチボックスのNo.7-A(Horse Drawn Milk Float。1954年発売)
左=ベンブロスのNo.2(Horse Drawn Log Cart。54年発売 )

マッチボックスのNo.7-Aは、20世紀初頭の車両をモデル化した
イエスターイヤー・シリーズではなく、れっきとしたレギュラーシリーズです。

No.7-Aが発売された戦後間もなくの頃には、
まだ英国のあちこちで、このような馬車が活躍していたのでしょうね。

レズニー社と馬車の縁は深く、創業翌年の1948年に農業用馬車と農機具のセットを発売。
49年にはミルク配達馬車(全長約14cm)もリリースしています。

エリザベス女王戴冠の1953年、レズニー社は大小2種の式典用馬車を発売。
小さな馬車は100万個を超す大ヒットで、同年末のマッチボックス誕生の契機になったそうな。

ベンブロスのNo.2は、54年にリリースされた「TV Series」の1台。
当時のハイテク機器、テレビジョンを模した、いかしたパッケージで売られました。

荷台に積まれている丸太は本物の木。木をそのままミニカーの荷物に使う手法は、
往時のマジョレットやテクノ、ディンキーなども採用していましたね。

ベンブロスの小スケールはバリエーションに富んでいて、
西部劇に出てくるような馬車やサイドカー、大砲までありました。べスパほし~。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪


ベンブロス ブログトップ