So-net無料ブログ作成
ホンウェル ブログトップ

ゼッケン53ですが、なにか? [ホンウェル]

同好の諸兄の御協力で構築されている、ねこざかなのコレクション紹介。
第九弾は・・・7番目のブログ「7ブロ」の7様から頂戴した品。
IMG_1012.jpg
ホンウェル(カララマ)のVWビートル(1/43)

以前から我が家に棲んでいた、同社の1/72とツーショット。
IMG_1019.jpg
IMG_1025.jpg
おや?この二台、なんか話してますよ・・・

兄=1/43 「こないだ街で、赤毛の姉ちゃんに『ハービー』って呼ばれたんや」
弟=1/72 「そりゃまた失敬な!わてら、ただのビートルやっちゅうの」

兄 「白ボディにゼッケン53ちゅうだけで一緒にされたら、かなんわんよなぁ」
弟 「キャンバスルーフは黒やし、バンパーガードもついてないやん」

兄 「なにより、ストライプの位置が違うわな」
弟 「一体、どこが似とるっちゅ~んか・・・ほんま分かりまへんわ」

まぁ、世の中にはいろいろなスタンダードがあるようで(苦笑)
画像はデ○ズニーが煩そうだから、比較用にアマゾンのアフィリエイトを添付。

612fQq54DoL__SL500_AA240_.jpg

ホンウェル兄弟の名誉のために言うと、出来は「お値段以上、ホンウェル品質」
1/43は持っていなかったので嬉しい限り。7様、ありがとうございました!

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪




雑談 (きょうのウマズイ)


どっちの玩車ショー ハマーH2編 その2 [ホンウェル]

「昔々・・・そう、れのんとよーこが寝台の中で、らぶ&ぴいすに励んでおったころのこと。

ゆうらしあとゆう島の西には、歴史あるでんきい、こおぎいの両王国をはじめ、
まっち公国、そりど帝国、めるくり、ぽりとい、めえべといった都市国家がひしめいておった。

各国はそれぞれ工夫を凝らしたクルマを売って、国をたてておった。
切磋琢磨のかいあって国々は栄え、平穏はいつまでも続くかと思われたのじゃが・・・

クルマ発祥の地でもある海の向こうの島で、新興のほっとうぃる連邦が、
きらびやかな装いのクルマを、笛や太鼓の音に乗せて、盛大に売りはじめたのじゃ!

ほっとうぃる連邦のクルマは、よく回る赤い帯のわっかを履いておった。
負けてはならじと、ゆうらしあの国々はこぞって、よく回るわっかに履き替えたのじゃがのう。

新しいわっかを履かせるにはお金が必要で、各国の蔵はたちまち空になったのじゃ。
こすとかっとで、クルマはだんだん魅力をなくし、まにあにも喜ばれなんだ。

ほっとうぃる連邦に過剰反応したのがいけなかったのか、それとも時代の流れか。
貧しくなった国々は、次々と歴史から消え、あるいはほかの国に吸収されていったのじゃ。

ほっとうぃる連邦は変わらず楽しげなクルマを送り出し、ゆうらしあの東の果てでは、
新興のとみか皇国が栄えておったが、国が減ってやはりクルマの世界は寂しくなったわい。

・・・・・・時は流れ、ぼでこんなる装束の巫女が、お立ち台で扇子踊りを奉納していた、ある晩。
クルマの神は祈りを聞き届け、ゆうらしあに、みにちゃん神国を誕生させたのじゃ!

みにちゃん神国のクルマは、よくできたものでのう。入信するまにあが後を絶たなんだ。
ほどなく東でも、きょしょ、えぷろ両国が生まれ、よくできは新しい時代の流れになったのじゃ。

いまか?いまはのう・・・ほっとうぃる連邦やとみか皇国のような、
頑丈で遊ぶタノシミのあるクルマと、よくできのクルマが共存しておるのではないかな。

一方で、とみか皇国のりみてっどのように、どちらの良さも持つクルマもあるのう。
よくできのクルマの値段も下がって、新旧の垣根は年々低くなっているように思えるわい。

まぁ、まにあがそれぞれ、好きなようにクルマを楽しめる、よい時代じゃよ」

・・・・・・ここまで、長~い前振りにお付き合いくださり、ありがとうございます(笑)
実は、このあたりのことを自分なりに整理しておかないと、今回の記事は難しかったもので。

左=トミカ(1/63)、右=ホンウェル(1/72)。

ホンウェルはスーパーでガムつき315円のものを購入。
可動部こそありませんが、窓はすべて透明、内装やシャーシも細かく再現されています。

エンブレムやリアランプの印刷は当然のこと、タイヤはゴム、ライトはクリアパーツだし・・・
本当に近年のホンウェルの出来には驚かされます。ファンが多いのも納得。

1/72であっても、実車が巨大なハマーH2であれば、トミカと比較できるかも・・・と
思いましたが、並べてみると、やはりトミカが二周りは大きいですね。

トミカの方は、前回書いたようにリアハッチ開閉、ホンウェルにはないサスも備わっています。
玩車としてのトミカ、スケールモデルとしてのホンウェルといったところでしょうか。

属性の違う2台を比べることに無理があるのは重々承知ですが、
ホンウェルのお買い得感と、トミカのさらなる進化への期待から、今回はホンウェルに一票。

さらに追記。

トミカ=平均1/63と比べても、見るからにホンウェルが小さすぎるように思えたので、
全長を計測したところ、65mm・・・実車は5180mmなので、1/79.7でした。

ハマーH2を正確に1/72で作ると、全長は72mmになるはず。
これはホンウェルの共通プラケースの内寸ぎりぎりなので、大人の事情が働いたのかな?

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪


ホンウェル ブログトップ