So-net無料ブログ作成

ラピュタの島へ [その他]

春休みなのでどっか連れてけ!と子供たちが騒ぐので、趣味全開の家族旅行へ。

紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島。明治から大戦中に掛けて要塞化され、当時の砲台の跡がいくつも残っています。近年、「ラピュタの島」として注目を集めており、軽度の軍オタ&遺構萌えの猫は、いつか行きたいと思っていたのです。

IMG_9391.JPG
第二砲台跡

IMG_9390.JPG
終戦時に爆破処分された建造物の裂け目から海を望めます。

IMG_9401.JPG
第一砲台跡

IMG_9406.JPG
桜のシーズンなので、「ラピュタの島に花の散るらむ」的な写真を狙ったのですが・・・桜は少なく椿が目立ちました。

IMG_9453.JPG
第三砲台跡

IMG_9437.JPG
円形の窪みは砲座の跡。

IMG_9449.JPG
真っ暗なトンネルや弾薬庫もあってプチ迷宮の様相。子供が飽きなければ何時間でも彷徨いたかった。

4時間ほど滞在、3.3kmのコースを辿りました。これくらいの距離なら楽勝!と考えていたのだけど、高低差が大きく、結構な運動に(汗)

今回、徳島からフェリーで和歌山に渡り、一泊二日で白浜も回ったのですが、ミニカーどころかチョロQやくるっぴーにも出会えずじまい(涙)。玩車成分のない回ですみませぬ。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



一度は行きたい「戦争遺跡」 (PHP文庫)

一度は行きたい「戦争遺跡」 (PHP文庫)

  • 作者: 友清 哲
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 文庫

nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

乗った!食った!買った! 後編 [ソービ]

今回の大阪の陣で、一番嬉しかった獲物を御紹介。

IMG_9358.JPG
ダイソーの二台セット。

また中華ユルかよ!って呆れ声が聞こえてきそうですが・・・キニシナイ。

IMG_9376.JPG
IMG_9379.JPG
ランチャ・ストラトス (ソービ D-E16 中国製)

IMG_9377.JPG
IMG_9378.JPG
ロータス・ヨーロッパ (ソービ D-E28 中国製)

版権がうるさくなった現在では、恐らく販売されることはない実車ユル。意味不明なほどにアルファベットを散りばめたタンポ印刷もまた鯵。

IMG_9380.JPG
二台ともソービ(SOHBI)だけどホイールが違う。銘なしの個体も多いブランドなので、Dictionary of unsigned toy carsに収録しておこう。

それにしても昔は、ダイソーでこんな香ばしいセット売ってたんやね。時を越えて買い漁りに行きたいわ・・・

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

乗った!食った!買った! 中編 [モーターマックス]

福山とエヴァ新幹線のついでに、大阪のアイアイアドに進攻(ついでだよ?)

毎度の如く、ショーケースには目もくれず(嘘、手が出ないだけ)100均の中華ユルを漁ったところ、ライフワーク(冗)としているBMWミニ(初代)の未入手バリをいくつか見つけました。

IMG_9364.JPG
モーターマックスの黄色。

IMG_9372.JPG
手持ちバリの赤と並べてみる。

IMG_9367.JPG
リアルトイの赤。

IMG_9371.JPG
手持ちの緑と。

IMG_9365.JPG
ウェリーの赤(プルバック付き)

IMG_9369.JPG
裏板とタイヤ以外は、プルバックなし(左)と共通。ウェリーのプルバック付きは複数カラバリがあるので、もし見てみたいという奇特な方がいればネタにします(いるのかね?)

いろんなブランドのBMWミニを集めて騙ってたのは、ひと昔以上も前のこと(遠い目)。いまだにバリを集めてるなんて、我ながらどれだけ執念深いんだ(爆)

BMWミニ以外もいくつか捕獲。

IMG_9374.JPG
モーターマックスのRX-7(FD)

再現度の高い佳品。リアスポイラーの下が抜けてるのも美点・・・だけど、不格好なフロントナンバーの再現は余計やね(苦笑)

IMG_9375.JPG
マイストのプリムス・ヘミ・クーダ

三代目バラクーダ(クーダ)に426立方インチ(7.0L)のヘミ・エンジンを搭載した「ヘミ・クーダ」。四灯&六分割グリルから、71年式と特定。美麗な1/43モデルと解説はPonys41様にお願い!(丸投げだ・・・)

IMG_9373.JPG
同じくマイストのクライスラー・アトランティック

1995年のシカゴ自動車ショーに出品されたコンセプトカー。デザインのルーツは1930年代のブガッティ・タイプ57SCアトランティークという説と、タルボ・ラーゴ・クーペT150 C-SSという説が見つかったけど・・・後者が正解のような。

内装がなくチープ感あふれるマイストですが、車種選定やプロポーション、ディティールはなかなか侮れないものがあります。

「買った!」編、明日に続きます。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー