So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ねこじゃらんの温泉案内 [ヴィーキング]

ねこざかなの棲む南国の秋もようやく深まり、お風呂が楽しみな季節が巡ってきました。
冷えた身体をあっついお湯に沈める瞬間は格別・・・それが温泉だと申し分なし。

四国は掛け流しや非加温の湯が少ないので、常に本格的な「温泉」に飢えている状態。
先の九州遠征では、念願の黒川温泉を攻略。次は城崎か、南紀勝浦か・・・。

そんな温泉萌え猫が、いつか訪れたいと思っているのが、群馬の沢渡温泉「山水荘もりや」
・・・・・・この御宿の名前を聞いて、もうひとつの「動機」に気付いた方もいらっしゃるのでは(笑)

そう、実はこの御宿には、膨大かつ素晴らしいVW玩車のコレクションが展示されているのです。
昨年、御亭主が「なんでも鑑定団」に出ておられた・・・と言えば、思い出す方も多いかと。

私も鑑定団でちらっと拝見しただけなのですが、ヲタ・・・もとい、旅心をくすぐられるには十分♪
このほど、そのコレクションの中から精選した2000点を収録した本が出版されました!

VW COLLECTABLES―空冷フォルクスワーゲン・コレクターズアイテム (2007) (KANTOSHA MOOK)
















「VW COLLECTABLES」。アマゾンから届くなり、半日しみじみと読みふけってしまいました。
垂涎とゆーか唖然とゆーか・・・うらやましいのを通り越してしまう、珠玉のモデルばかり。

世界で3台しか現存が確認されていないという1930年代の「GUTTERMANN」・・・
動力の有無やペイントなどで無数とも思えるバリエーションの日本製ブリキ・・・

タイプ1~4、カルマンギアといった車種別に、美麗な写真で構成。
また、当時のボックスアートや、実車カタログといった「紙モノ」も充実しています。

今回はブリキをメーンに収録され、ダイキャスト製玩車は多くありませんが、
ディスプレーケースの写真にはメルクリンなど色々・・・ぜひ続編を出して欲しいものです。

さて・・・この白色彗星帝国みたいな圧倒的コレクションの前には、
私の細々とした収集品など、改修前のブルーノアにも値しないことは重々承知ですが(爆)

以前、珍玩堂主人甲虫採集でご紹介した他、ぼちぼち集まってきたVWがあるので、
この機会に(なんのだ)UPしますね。ちょっとだけマネっこして、車種別に。

まずは、ヴィーキングのタイプ1(ビートル)。64年式の1300サルーン。
VW社の販売見本モデルで、スケールは1/40。

ロンスターのタイプ2、やっと「IMPY」版を入手できました。
ダイヤカットガラス、操舵ギミックを備えているほか、窓が全て抜けています。

ハスキーも、三種揃い踏み♪
トラックの幌付きが、ルースではなかなか見つかりませんでした(汗)

タイプ3ファストバックのチープなブリキ。全長は18cm弱、生産国、メーカーともに記載なし。
愛しのマッチボックス(左=レギュラーホイール、右=SF)と並べてみました。

VWは収集対象としては大きすぎるヤマですが、
集めていて楽しいので、これからもまた~りと逝こうと思ってます。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 12

覆面えるさん

おー、、ワーゲンコレクション、、今、拝見しているものだけでも、かなり貴重品でありますねー、、

特に、ロンスターのバスは、貴重なカシメタイプのタイヤで、、、いーですねー、、

それに、バイキングのモデルもなかなか、、米国のプロモーションモデルと同様に、当時の実車セールスに使用されただけあって、完全無比な再現度ですねー、、

ハスキーのホロタイプもめったに出ませんし、、羨ましいかぎりであります、、

あっ、、意外とこのブリキのタイプ2、、プラタイヤで比較的新しいハズなのに、、現存個数は少ないようですねー、、

でわー、、
by 覆面えるさん (2007-11-06 11:21) 

桃色ジープ

タイプ1に限らずVWの玩車ってこの世の経済を牛耳る財力をもってしても全てのモノをコンプリートするのは難しい位次々に出てくる(まるでジミヘンやザッパの海賊版だ)。それをできる限り集める「山水荘もりや」の御主人は尊敬してしまう(聞いた話によると有名所だけでは無くバッタモンやグリコのオマケ的なモノにも価値を見出す・・・コレクターの鑑ですね)。最近はバッタモンのビートルでもスプリットからニュービートルまでプロポーションがよかったりするもんだからつい「改造」の魔の手が(1/24位の大きさのヤツだったらフジミやアオシマのホイルが使えるし)・・・。
by 桃色ジープ (2007-11-06 11:59) 

ねこざかな

>> 覆面える様
ロンスターやハスキーのバリは、猫の一念・・・とゆーやつで(笑)
イーベイを舞台に、熱くなりすぎないよう執念深く挑みました。

バイキング(ヴィーキング)は大阪で捕獲。かなり気に入っています。
そのうちHOスケールのモデルもUPしたいな、と。

名無しのごんべのタイプ3ブリキ、ご存知でしたか~。
さすが、歌留多から浮輪までオールマイティーの、える様でつね!
by ねこざかな (2007-11-06 15:21) 

ねこざかな

>> 桃色ジープ様
実車の発売から70年余を経て、今なお増殖する甲虫の玩車・・・
すべてコンプしている方は、果たして此の世にいらっしゃるのでしょうか(笑)

しかし、その巨大な課題に長年こつこつと取り組んでいらっしゃる、
「もりや」の御亭主のパッションには、ほんと頭が下がる思いがいたします。

このごろの中国製、千円以下でも、よく出来ていますよね~。
プロポーションを崩さず、猫萌えのギミックを盛り込んでいるものも多いし♪
by ねこざかな (2007-11-06 18:06) 

第三波平

山田さん温泉が、いつの間にこんなコレクションを作っていたとは・・・(違

窓の抜けを維持しておきながら、ギミック開閉も維持した古いミニカーの傑作ともいえるロンスター。
プロモーションモデルながら素朴な造りがうれしいヴィーキング。
実車をどこで使うのか一見想像がつかないハスキー。
そしておもちゃらしさを残した無名メーカーのブリキ・・・

トミカのマイクロバスが、また欲しくなりました。

ひとつの車種にこだわってここまで集まるというと、後はスカイラインGT-Rもすごそうですね。
by 第三波平 (2007-11-06 19:28) 

fziro

おお、この本はハービーコレクターさんも取り上げてましたね~!
これ、キャラものもフォローしてあるんですか?
プリキュアなんてムチャは言わないけど、
せめてハービーぐらいは載っててくれるなら買っちゃうんだけどなぁ…。

今回のミニカーたちは他のラインナップも素晴らしいけど、
タイプ3のミニカーってあまり見ないから新鮮です~。
by fziro (2007-11-07 00:39) 

ねこざかな

>> 第三波平様
山田さんとこみたいな川沿いの露天風呂、いいですよね!
・・・・・・なんか、和歌山の川湯温泉にも行きたくなったぞ、と(笑)

ロンスターのタイプ2、小スケールなのにギミック満載で嬉しくなります。
ハスキーの高所作業やコンベア車は、実車を見てみたいですね。

GT-R関係の収集は、フェアレディZと並ぶ国内最高のヤマになりそう。
発売は主に国内でしょうが、なんせ代々つくられてますから。

後輩が新型注文したんだけど、記念品を貰えたら譲ってくれないかな・・・。
by ねこざかな (2007-11-07 04:52) 

ねこざかな

>> fziro様
ハービーはテクノ、ポリトーイ、ヨットなどが、一堂に会しています。
タイヨーやバンダイのブリキ、ボードゲームも収録。涎が止まりまへん(笑)

タイプ3よりさらにモデル化が少ないのが、タイプ4でして(汗)
御本に掲載されていたシクやシュコーは、収集の新たな目標になりました。
by ねこざかな (2007-11-07 04:52) 

1275GT

このコレクションの主と、昔某ミニカーショップで遭遇した事があります。
キラルかなんかの古いモデルをお求めでしたが・・・
見学ツアーに誘われた事もありましたが、なぜかVWにいまいちのれなくて、
挙げ句の果てにちょっと怖い思いまでしてしまったので・・・
本当はドイツ車は好きなんですよ。
実車はゴルフを3台乗り継ぎ、アウディに12年乗ってました。
あっ、P車にもちょこっと・・・
by 1275GT (2007-11-07 22:45) 

ねこざかな

>> 1275GT様
この世界、狭いようで、広いようで・・・やっぱり狭いのかな?(笑)
収集の冥府魔道を往く大先達同士、軌跡が交わる瞬間があったとわ!

ドイツ車の遍歴もご立派ですね~。そのご経験を経て尚、
生涯の伴侶とされたミニsへの愛情は、より深いものがおありでしょうね。
by ねこざかな (2007-11-07 23:58) 

ダーツA.T

 VWコレクション♪~素晴らしいですねぇー^^
ずばりのモデルではないのですが、幼い頃近所のお兄ちゃんたちからもらったマッチボックス、ロンスターは手にして飽きずに遊んでマシタよ。

年数経てますます魅力♪~拍手デス!!
by ダーツA.T (2007-11-08 07:09) 

ねこざかな

>> ダーツA.T様
御幼少の砌から、MBやロンスターに親しまれておられたとは(羨)
当方は、出生が四国の田舎だったので、もっぱらトミカが遊びの友でした。

ビートルやタイプ2、今では出来の良い1/43が千円以下で買えますが、
実車と同じ年月を経た玩車は、独特のオーラを纏っているようにも思えます。
by ねこざかな (2007-11-08 09:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0