So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

百均ラ跳ね馬 [その他]

ライセンスの自由を求める革命闘士=セリアと成近屋の挑戦は、「乗用車シリーズ」だけに留まるものではありませんでした。

その名も「スーパーガルウイングカー」シリーズ!

ガルウイングっすよ、ガ・ル・ウ・イ・ン・グ。
かつてのスーパーカー少年の情熱を再燃させる甘美な響き。

車種選定がまた何とも・・・世界を縛るライセンスという枷に、真っ向から喧嘩を売っています。

IMG_9914.JPG
IMG_9919.JPG
IMG_9927.JPG
ラ フェラーリFXX K(とは何処にも書いてない)

フェラーリ初のハイブリッド・カーであるラ フェラーリをベースに2014年、限定32台が製作されたサーキット走行専用車。排気量6262ccのV 12と、エネルギー回生システム(HY-KERS)を組み合わせた最高出力は1050PS。トップ・ギアによると、価格は250万ユーロ(約3億7,000万円)なんだとか。

IMG_9912.JPG
成近屋(と製造元の中国企業)は、元ネタを隠す気もないらしく、プロポーションやディティールに余計な偽装は施されていません。全長比のスケールは1/38程度。

もっとも、百均ゆえの限界はある訳で。

えらく透明度の高いパーツだなっ!と思ってたら元々、窓が入っていなかったり。

箱の説明でハイグレードなポイントwwとして強調しているプルバック走行ギミックは、ゼンマイのパワー不足とゴムタイヤの不採用から、ビュンビュン走るというには程遠かったり。

なにより、誇らしげに謳っている「ガルウイング」ギミックですが、ラ フェラーリのドア開閉方式はガルウイングではなく、斜め前方に持ち上がる「バタフライドア」なんだけど(苦笑)

ehtryurdtjyh.jpg

まあ・・・呼称については、子供の頃はカウンタックなんかの跳ね上げ式ドアはまとめて「ガルウイング」って呼んでたから、いっか。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
タグ:フェラーリ
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 4

はましょ

「まとめてガルウィング」で、「ま、いいでしょう」ですね。^^
拙もカウンタックは「ガルウィング」だと何の疑いもなく信じていました。
かつて、トレノのオーナーを選び、セラのオーナーをあきらめた選択はまちがってたかしら。(立体駐車場だと開かないかなぁ、と)



by はましょ (2018-11-25 23:40) 

ねこざかな

>> はましょ様
「ガルウイング」の車って、本当はそう多くないですよね。名称が広まったのは、裕次郎氏のベンツのインパクトが大きかったから?

セラが走っているのを見かけると、オーナー氏の愛情を思い、頬が緩んでしまいます。室内を温室として使える稀有な車ですよね(ヲイ)
by ねこざかな (2018-11-26 23:13) 

ドラックス

本来の意味でのガルウイングの車って、60年代~70年代のプロトタイプレーシングカー、スパイ大作戦のアンクルカー、ベンツSL、ベンツSLS AMG、ベンツの70年代のコンセプトカー(名称失念)、パガーニウアイラ、スーパーℤ(下半分は通常のドアですが。)、捜査8班のスタリオン&エクリプス、AZ-1(キャラ)、デロリアン、デ・トマソマングスタ、ジオットキャスピタくらいでしょうか?
ランボもフェラーリも一度もガルウイングを採用していないんですよね。
by ドラックス (2018-11-27 07:40) 

ねこざかな

>> ドラックス様
鴎翼の系譜、御教授ありがとうございます。
やはり本来のガルウイングはそう多くないのですねー
乗降はともかく、開閉作業に難があるからかな。
市販の軽にスーパーなギミックを採用したAZ-1に惚れますww
by ねこざかな (2018-11-27 21:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。